文字の大きさ  普通

 
 
2018年05月07日 国内唯一の地域経済誌「月刊コロンブス5月号」にMATSRAが紹介されました

MATSRAの取組が国内唯一の地域経済情報誌 産業栽培メデイア「月刊コロンブス5月号」に掲載されました。
「再生可能エネルギーが地域の主力電源となる!!」という大見出しの中で 「海洋発電の実用化に地域ぐるみで挑戦 漁業の振興を目指す 」というタイトルでMATSRAの取組が潮流発電実験や視察の様子の写真も含め、カラー1ページで掲載されています。
「・・・海洋発電の普及のためには、国が政策的に進めなければ、参入企業は増えないし、技術開発は進まないと思う。」など松尾マネージャーの思いも紹介されています。
コロンブスは全82頁で他にも再生可能エネルギーに取組む全国のモデル事例が紹介されています。再生可能エネルギーに関心のある方には、参考になる情報誌と思いますので、是非購入し、お読みください。定価700円です。
東方通信社 のみなさま、MATSARAの掲載ありがとうございました。



2018年04月28日 かべしま地域興しプロジェクト

前回に引き続き、MATSRAと西九州風力発電株式会社の合同で唐津市加部島の関係者宅を訪問しました。
風力発電の全国の設置事例なども資料で紹介しながらプロジェクトを説明しました。
一問一答形式で不明な点に私たちが答えるというやり取りで進め、趣旨にご理解してもらいました。
今日で、加部島の風況観測ポール設置周辺の関係者の方々への説明は、全て終え、概ね理解を得ることができました。

終了後、19時からの加部島の役員会に出席しました。
私たちの役員会への出席については、自治会長のご配慮から実現したものです。
MATSRAの紹介ののち、役員10数名の皆様へ資料を配布し、プロジェクトを説明しました。みなさんからは、
・何世帯の電力を賄う規模か。
・電気代は安くならないのか。
・スクイッドはもうやらないのか。
・低周波の影響はないか。
・土地利用が無理ではないか。
など、様々なご意見をいただきました。
プロジェクトについては、地権者の意向、土地利用手続き、関係法令手続きを踏まえなければ、実現できませんので、引き続き、地元関係者に丁寧に説明していくこととしました。



2018年04月08日 かべしま地域興しプロジェクト

前回に引き続き、MATSRAと西九州風力発電株式会社の合同でプロジェクトの地元調整のため、加部島の関係者宅を訪問しました。
残念ながら、急用により、お話をすることはできませんでした。
28日にあらためて、説明に伺う予定です。あらためてご報告します。



2018年04月05日 祝 佐賀県ふるさと納税サイト ふるさとチョイスに掲載されました

佐賀県のふるさと納税サイト “ふるさとチョイス”にMATSRAの情報が掲載されました。県内で44番目の登録ですが、エネルギー分野では、“祝 1番” でした。
自然エネルギーの普及に向けた地道な活動を絶やさないよう、取り組んでいきますので、みなさん応援よろしくお願いします。

佐賀県の専用ホームページ “ふるさとチョイス”のアドレスはこちら。

https://www.furusato-tax.jp/city/usage/41001





2018年04月04日 月刊コロンブス取材

東方通信社、月刊コロンブスから、MATSRAの取組を取材したいとの依頼があり、本日、松尾マネージャーが、東方通信社のライターさんから電話取材を受けました。
海洋エネルギーの実験や視察への対応など自然エネルギーの普及を地域振興と結び付けて取組む私たちのビジョンを20分ほど切に訴えてもらいました。
マネージャー曰く、電話でうまく伝わったかどうか不安とのことでしたが、発行を楽しみにしたいです。
東方通信社さん、私たちの取組に関心を持っていただきありがとうございます。

2018年04月01日 かべしま地域興しプロジェクト

今日は、MATSRAと西九州風力発電株式会社の合同で加部島の風況観測ポール設置周辺の関係者宅を訪問し、風況観測結果及びプロジェクトを説明しました。
みなさん、農業の合間の貴重な休憩時間を割いて聞いていただきありがとうございました。
反対意見も含め、様々なご意見があるだろうと予想していましたが、地元の方々とお顔を突き合わせて、話したところ、総じて理解するご意見が多かった印象でした。
もちろん、理解するばかりではなく、まだ分からないというご意見も頂戴しました。
地元の理解が無ければ、プロジェクトは実行しませんので、あらためて、説明していくこととしました。
今日の本題は、プロジェクトの地元調整でしたが、加部島の農産物のあまなつやピーナッツ、玉ねぎ、いちごなどを作るまでの苦労話や重労働ということも聞けて、食べる時の感謝の気持ちをあらためて痛感した1日でした。



2018年03月26日 地域とともに自然エネルギーの普及に取組む先進事例を視察しました

【2018年3月26、27日】
MATSRAスタッフ5名で北海道札幌市に本社を置く市民風力発電株式会社を視察しました。ここは、2001年9月に日本初の市民出資による風力発電所「はまかぜちゃん」を誕生させ、全国17か所の風力発電所を建設し、保守・メンテナンス業務、事業の管理運営実績を有す会社です。“風”という地域資源を活かし、エネルギーのみならず地域経済の活性化を目指すというビジョンは、私たちMATSRAのビジョンとぴったり一致しており、「是非、視察してみよう!」という思いから実現しました。
鈴木社長のお話を聞き、是非、我が佐賀県にもこのノウハウを展開し、地域を活性化したいと、あらためて思ったところでした。
翌日は、石狩市に2007年12月に稼働した高さ70mの風力発電所「かなみちゃん」を視察しました。MATSRAの川嵜理事長、酒井理事は、技術スタッフ立会いのもと、風力発電所内部も見学し、貴重な体験でご満悦の様子でした。
札幌から石狩に向かう途中も、至るところで風車を見かけ、あらためて北海道は、土地が広く、平地が多く、風が強く、風力発電の適地だなと実感しました。
鈴木社長、山田様、2日間にわたり、大変お世話になりました。
様々なお話が聞けて勉強になりました。
佐賀でも市民とともに運営する自然エネルギー事業が展開できるよう、頑張ります。
引き続きご支援よろしくお願いします。





2018年03月23日 祝 佐賀県ふるさと寄附金による支援決定

本日、佐賀県県民協働課長名で「佐賀県ふるさと寄附金による支援について」通知が届きました。
私たちMATSRAの活動を佐賀県が支援していただくことが決定しました。
今日から、MATSRAもふるさと寄附金で先進的に活躍している県内NPO法人の仲間入りです。

これからも多くのみなさんの信用をいただけるよう、MATSRAの活動を積極的に情報発信するとともに、佐賀県のふるさと納税もどんどんPRします。



2018年03月01日 第6回 国際風力発電展 WIND EXPO 2018

【第6回 国際風力発電展 WIND EXPO 2018】
日時:3月1日(木)10時から18時
場所:東京ビッグサイト(東京都江東区)

 

東京ビッグサイトで開催されている “ 国際風力発電展 WIND EXPO 2018 ” に理事長も参加しました。
会場は、風力システム、洋上風力、風車部品・システム機器、メンテナンス・保守運用ゾーンの4つに区分され、佐賀県含め、関連する企業や団体が取り組みをPRするブースを出展されていました。多くの来場者で賑わっていたようです。
当日の洋上風力セミナーでは、佐賀県が全国の関係者に海洋エネルギーの取り組みを講演し、企業の講演では、漁業協調が重要との意見も出るなど、MATSRAの取組みの必要性を改めて感じ、勉強になりました。

 

2018年02月28日 ふるさと納税 ステップ1!

【ふるさと納税 ステップ1 】
メディアで頻繁に取り上げられている “ふるさと納税”
ようやく MATSRAも体制を整え、海からエネルギーをつくろうプロジェクトを全国にPRするため、佐賀県に ふるさと納税 の第一弾の手続きを行いました。