文字の大きさ  普通

 
 
2018年12月28日 今年一年大変お世話になりました

【2018年の振り返り】

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。MATSRAは2018年、“海からエネルギーをつくろうプロジェクト”と題し、潮流発電の実証研究や唐津沖での洋上風力発電プロジェクト等の複数のマネジメントを行いました。
また、実証フィールドのワンストップサポートセンターとして佐賀県との連携はもちろんのこと、昨年に引き続き、地元唐津市の会議にも参加し、行政機関と協働で取り組んできました。
そして、本年国会では日本の海域での長期占用が可能となる「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(再エネ海域利用法)」が可決され、今後は日本においても本格的な海洋再生可能エネルギーの普及が見込まれます。市民団体としての私たちの活動が今後、どこまで貢献できるか分かりませんが、引き続き全力で取り組んでいきたいと思います。
本年も多くの皆様に支えられ心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

理事長 川嵜 和正

2018年12月19日 平成30年度 第2回 佐賀県海洋再生可能エネルギー推進協議会に出席しました。

【平成30年度 第2回 佐賀県海洋再生可能エネルギー推進協議会】

日 時:平成30年12月19日(水)10時30分~12時
唐津市役所大手口センタービル3階 会議室
出席者:委員他30名程

今年度、2回目の協議会が開催されました。
事務局から、アドバイザー1名が交代の報告がありました。
まつらからは、川嵜理事長が協議会会長として、木下副理事長、永田理事、梅崎理事、酒井理事が委員として、平野AMがオブザーバーで出席しました。
会議では、洋上風力発電のゾーニング調査の中間報告があり、委員からは、
・県を越えた規模のファームになる可能性がある。早い段階で隣県と協議が必要。
・ゾーニング調査の結果では適地エリアが狭い。適地としても関係機関から許可が出ない可能性もある。国の法律に基づいた上の協議で事業実施の可能性を広めるべき。
などの意見が出ました。
次回は来年3月に開催される予定です。
本日の議事は、以下のとおりでした。

議事
1 開会
2 議題
議題1 洋上風力発電事業ゾーニング調査中間報告及び今後の進め方について
議題2 洋上風力発電事業導入による経済波及効果
3 その他
4 閉会

2018年12月12日 海からエネルギーをつくろうプロジェクト

【第3期 浮体式小型潮流発電の実証研究プロジェクト】
~定置海上実験の事前調査~

日 時:平成30年12月12日(水)13時30分~
会 場:名護屋湾および佐賀玄海漁業協同組合 鎮西町支所
出席者:大阪大学秋元特任教授、西研グラフィックス株式会社 板橋部長、株式会社光洋吉田取締役、中川工事課長、MATSRA梅崎理事、平野AM

10月に打ち合わせをした小型潮流発電の定置海上実験に向け、候補海域の海底調査を実施しました。天候は曇り空、海は小潮で調査には、支障のない気象条件でした。
地元漁業者の協力から漁船を傭船し、名護屋港を出港、名護屋港周辺の2箇所の候補地を調査しました。
魚群探知機を活用し、海中の水深や地形の形状、潮の流れを調査しました。
魚群探知機は、水中へ超音波を発射し、反射波から魚群の存在をモニタリングするという漁船に必要不可欠な機械ですが、海中の様子が確認できるため、今回は、船長の了解をもらって、調査に活用しました。
出港後、1時間程度で2か所の調査を終えました。
今後は、来年2月の海上実験の実施に向け、実験の準備に取り掛かっていく予定です。

2018年11月14日 県外から視察

福岡県の東南端に位置し、海と山に囲まれた豊前市から豊前商工観光振興連絡協議会の全14名の皆様が視察にお越しいただきました。
呼子台場を会場に、MATSRA松尾マネージャーから「暮らしに欠かせないエネルギーは海に ~海からエネルギーをつくろう~」と題して、佐賀県制作の動画「佐賀から未来のチカラ 海洋再生可能エネルギー」上映も交え、MATSRAの活動を紹介しました。
みなさんとの意見交換では、MATSRAの運営方法や事業者はどのような発電方法を検討しているのかなどの意見が出ました。

その後、地元の観光地である「風の見える丘公園」と「波戸岬」をご案内しました。風の見える丘公園では、施設内を興味深く見学頂き、展望所からの玄界灘や呼子大橋の景色を満喫されました。朝方は、雨がぱらぱらと降っていましたが、現地視察の時間になると、からりと青空になり、眺めもより一層綺麗でした。

2018年11月14日 第5回 唐津市地域エネルギー推進戦略会議に出席しました。

【第5回 唐津市地域エネルギー推進戦略会議】
日 時:平成30年11月14日(水)14時~16時
唐津市役所大手口別館6階 
出席者:委員他30名程

第5回会議(30年度第1回目)に松尾マネージャーが出席しました。
戦略会議は、九州大学包清教授を委員長に、民間事業者、唐津市で構成されており、MATSRAは、風力、小水力、太陽光、EV分科会のリーダーとして出席しました。
会議では、エネルギー基本計画が閣議決定され、再エネ主力電源を目指す取組がスタートしたが、全国では、自然災害による太陽光発電による土砂流出・パネル崩落や風車の支柱倒壊などトラブル事例もあり、再生可能エネルギーの普及促進と併せ、環境アセスもしっかり対応していく必要がある。
また、電気を供給する側と利用する側、同時に検討したほうがいいとの意見もありました。
事務局からは、新しいエネルギー技術の実証として、今後は洋上風力等の海洋エネルギーの推進や水素の利活用などを市の戦略として取り組んでいくことが報告されました。
本日の議事は、以下のとおりです。
次回は、来年2月に開催される予定です。

議事
1 開会
2 議題
1)唐津市の取り組み状況
2)補助採択事業の進捗状況報告
 ①唐津スマートレジリエンス拠点整備事業の中間報告
 ②地域エネルギー創出事業の中間報告
3)唐津市内の再エネ設備導入に関する事業者説明
 ①バイオマス発電
 ②洋上風力発電
4)各分科会からの報告
 ①地域エネルギー等分科会
 ②風力・水力等分科会
 ③水素分科会
5)総合計画改変に係る中間報告
6)次回開催案内及び連絡事項
3 閉会

2018年11月09日 第6回グッドライフアワード結果発表

環境省が主催するグッドライフアワードの選定結果が届きました。
グッドライフアワード制度創設以来、初めて、応募しましたが、残念ながら落選しました。
今回で6回目となるグッドライフアワードは、過去最多の応募があったとのことで、MATSRAの取組は、最終選考で表彰見送りとなったとの連絡を受けました。
これに捉われず、引き続き、“暮らしに欠かせないエネルギーは海に”をスローガンに、技術開発を支援していきます。
受賞された皆様 誠におめでとうございます。

グッドライフアワード制度については、こちらをクリック
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/index.html

2018年10月31日 J☆SCRUM 第5回会議に出席しました。

【J☆SCRUM 第5回会議】
日 時:平成30年10月31日(水)13時30分~15時30分
会 場:国民宿舎 虹の松原ホテル
出席者:会員60名程度

議事
1.開会挨拶
2.報告
佐賀県の取組状況について
3.講演
①佐賀県洋上風力発電事業化における地域貢献策について
②洋上風力発電事業化における地域貢献策等について
4.報告
漁業に融合する相反転プロペラ式潮流発電の実海域実証試験(事業の計画)
5.閉会

ジェイスクラム発足後、5回目の会合が唐津市で開催されました。
MATSRAは、川嵜理事長、平野ほか関係者が出席しました。
会長挨拶では、「佐賀県は再生可能エネルギーの自然環境、社会環境が整っている。ここ唐津では、9月から向島と加部島で風力発電の計画が進められるなど風が強いという自然環境がある。社会環境では、実証フィールドのワンストップサポートセンターであるMATSRAや佐賀大学海洋エネルギー研究センターがある。産学官金でスクラムを組み再生可能エネルギー産業を目指そう。」と挨拶されました。
その後、佐賀県新エネルギー産業課から洋上風力発電事業誘致に向けた取組が報告されました。
続いて、唐津沖で洋上風力発電を計画しているアカシア・リニューアブルズ株式会社、オリックス株式会社の2社から「洋上風力発電事業化における地域貢献策等について」と題して、講演がありました。
最後は、佐賀大学海洋エネルギー研究センターから「漁業に融合する相反転プロペラ式潮流発電の実海域実証試験」と題し、地元漁業組合と県内外の事業者が協力して、今後、実証フィールドでの実験を目指すことが報告されました。
会場には、会員のうち、60名程が参加し、盛況に終了しました。

2018年10月30日 県内から視察

【県内から視察】
自然がいっぱいの地元唐津七山から「生活文化を見つめよう!海洋再生可能エネルギーを考える旅」として、七山文化連盟全18名の皆様が視察にお越しいただきました。
呼子台場を会場に、MATSRA松尾マネージャーから「暮らしに欠かせないエネルギーは海に ~海からエネルギーをつくろう~」と題して、佐賀県制作の動画「佐賀から未来のチカラ 海洋再生可能エネルギー」上映も交え、MATSRAの活動を紹介しました。
みなさんとの意見交換では、地元での自然エネルギーの取組について、地元貢献策や事業者との連携のとり方などについて、意見が出ました。

その後、地元の観光地である呼子町加部島の「風の見える丘公園」、鎮西町波戸岬をご案内しました。現地は、いつも通り、風が強く、髪が大きくなびくほどの天候でしたが、「昔来たことある。懐かしい」などの声もありながら、施設や景色を満喫いただき、全2時間の視察を終えました。





2018年10月04日 海からエネルギーをつくろうプロジェクト

【第3期 浮体式小型潮流発電の実証研究プロジェクト】
~実証実験の打ち合わせ~

日 時:平成30年10月4日(木)9時30分~
会 場:佐賀玄海漁業協同組合 鎮西町支所、名護屋湾付近
出席者:大阪大学秋元特任教授、千賀助教、佐賀大学今井准教授、西研グラフィックス株式会社板橋部長、MATSRA梅崎理事、平野AM

今日は、28年度から実証研究を行っている浮体式小型潮流発電の実証実験に向け、関係者で実験候補地を見学しました。2月の実験では、船で発電模型を曳航し、流れを発生させて発電できるか否か実験を行いましたが、今回は、前回の実験で得たデータを活かし、また、課題も解明し、1段階ステップアップして、潮の流れの速い海域に発電模型を一定期間設置し、データを取得する予定です。そのため、候補地は、潮の流れが速い海域、陸上からアクセスできることなどがポイントとなります。
今日は、漁業者代表の意見を参考に、いくつか候補地が絞れましたので、今後は海域の流速データ、海底地形なども調べて、実験の準備を進めていく予定です。



2018年10月01日 ふるさと納税はじめました

今年3月、佐賀県から「佐賀県ふるさと寄附金による支援について」の支援決定通知をいただきました。
ようやく、ふるさと納税の体制が整いましたので、遅ればせながら 本日からふるさと納税 デビューです。

ホームページのトップ「ふるさと納税はじめました」をクリックすると、ふるさと納税の専用サイト「ふるさとチョイス」の MATSRA のページにつながります。エコチャレンジよぶこ、エコチャレンジかべしま の2種類の商品を用意しました。
それぞれを佐賀の方言「ちょびっと」「もっと」「がばい」を用いて、3セット取り揃えております。
まつらの “ウリ” は、漁業との協調です。地元呼子のイカに代表される海産物はもちろん、田舎の島スイーツ “甘夏” は 隠れた 一押し です。

プロのフードコーデイネーターが調理した おすすめ献立 も紹介してますよ。
直伝レシピ?

自然エネルギーで地域活性化を目指す NPO法人MATSRA です。
活動へのご支援 よろしくお願いします。

お礼の品カタログ も ホームページからダウンロードできるようにしています。

http://matsra.jp/