文字の大きさ  普通

 
 
2018年07月26日 第4回唐津市地域エネルギー推進戦略会議分科会に出席!

【第4回唐津市地域エネルギー推進戦略会議分科会】
日 時:平成30年7月26日(木)10時30分から12時
会 場:唐津市役所 本庁舎2階 第1会議室
出席者:委員他14名程度

第4回会議(30年度第1回目)風力、小水力、太陽光、EV分科会に松尾マネージャーが委員で出席しました。
 今年度は、MATSRAが分科会のリーダーとして議事運営を担うこととなりました。
分科会メンバーは、株式会社リバーヴィレッジ、九州電力株式会社、株式会社日立製作所、自然電力株式会社、株式会社九電工、佐賀県新エネルギー産業課、唐津市農政課、水産課、農地林務課で構成し、事務局は唐津市企画政策課でした。
今日、行われた議事は、下記のとおりです。

議 事
1 開会   
2 議題
①国の洋上風力新法について
②佐賀県が進めている洋上風力について
③風力発電を検討している企業からの説明
④佐賀県最大級の太陽光発電の運転開始について
⑤佐賀県が進めている水力発電について
⑥有望地点の小水力発電の調査について
⑦その他意見交換
3 閉会

会議では、唐津市や唐津沖を舞台とした太陽光、風力、水力など再生可能エネルギーの取組が各委員から報告されました。

2018年07月24日 平成30年度 第1回 佐賀県海洋再生可能エネルギー推進協議会に出席しました。

【平成30年度 第1回 佐賀県海洋再生可能エネルギー推進協議会】
日 時:平成30年7月24日(火)14時00分~17時
唐津市役所大手口センタービル3階 会議室
出席者:委員他30名程

今年度、はじめて、県が主催する協議会が開催されました。
協議会は、漁業者代表、学識経験者、産業界、行政機関で構成する委員のみなさんと内閣府を代表に3名のアドバイザーで構成されてました。
唐津海上保安部など地元の機関もオブザーバーで出席していました。
まつらからは、川嵜理事長が協議会会長として、木下副理事長、永田理事、梅崎理事、酒井理事、串間理事が委員として参加しました。
今日の議事は、以下のとおりでした。

議事
・29年度の取組状況報告
・平成30年度の事業計画について
議題1 洋上風力発電の事業誘致に向けたゾーニング調査について   
議題2 調査及びマッチング事業について   
議題3 その他の取組みについて

会議では、事務局から昨年度の取組報告の後、今年度の計画案が審議されました。
各委員の立場から様々な意見が出され、すべての議案が了承されました。

2018年07月10日 ふるさと納税HP「ふるさとチョイス」に返礼品掲載

MATSRAのふるさと納税返礼品6種を決定し、HPに掲載しました。
 私たちの活動の拠点としている 地元の呼子とかべしまの特産物をPRするため、自然エネルギーの普及からエコを目指す「エコチャレンジよぶこ」と「エコチャレンジかべしま」をそれぞれ佐賀の方言を取り入れ、「ちょびっと応援セット」「もっと応援セット」「がばい応援セット」の3種ずつ、合計6種類を用意しました。
詳しくは、ホームページに掲載していますので、ご覧いただきご利用ください。

ふるさとチョイスHP
https://www.furusato-tax.jp/city/product/41001/144

2018年07月08日 かべしま地域興しプロジェクト

【かべしま地域興しプロジェクト】
日時:7月8日(日)19時~21時
場所:加部島交流センター

地元調整のため、かべしまの自治会役員、漁業関係者、土地改良区の方々へプロジェクトの概要を説明しました。
今回初めて聞いた方からは、「何故、風車を建設するのか、賛成しない」などの意見も出ましたが、提案の目的や他県の事例などを丁寧に説明し、趣旨に賛同いただきました。
プロジェクトに関しては、1月から地元の関係者を訪問し、調整を進めてきた結果、お陰様で地元も「何かやらんば」という機運の醸成ができつつあるかなと手応えを感じた1日でした。
まだまだ先は長いですが、新しい取組は、色んな意見があって当たり前、そういう意見を直接聞ける関係が築けるよう、引き続き地元とのコミュニケーションを図っていきます。今後も、丁寧に地元調整を進めていきます。