MArine Test Site for Renewable-energy Asia
特定非営利活動法人MATSRA(まつら)

文字の大きさ  普通

 

MATSRAはどんな活動をしているの?
視察ってどんな風に行われてるの?

このページではそんな疑問に
お答えするためMATSRAの日々の
活動内容を私達が報告します!

2019年06月13日 平成30年度の事業報告を佐賀県に提出しました

先の総会で了承を得た平成30年度の事業報告を佐賀県に提出しました。国の海洋エネルギー実証フィールドの運営管理、潮流発電など自然エネルギーを活用した地域活性化プロジェクト、昨年秋からスタートしたふるさと寄附金により支援事業の活動実績を報告しました。

 

 

 

 

2019年06月13日 平成30年度の佐賀県ふるさと寄附金実績を佐賀県に提出しました。

全国の皆様からふるさと納税を通じて頂いた寄附金の活動実績を佐賀県に提出しました。平成30年度は、自然エネルギーを活用した地域活性化プロジェクトの一環として、潮の流れでエネルギーを作るための実験に要する経費として活用しました。

実験をするにあたって、地元漁協と調整し、漁業の障害にならない、流れの速い、航路となっていないなどの条件をクリアする海域を選定し、実験しました。

 

 

 

2019年06月01日 MATSRA 第4期通常総会を開催しました。

日 時:令和元年6月1日(土)
会 場:日浦屋(唐津市)
出席者:全12名

 

内 容
・平成30年度事業報告及び令和元年度事業計画案を諮問し、社員に諮った結果、異議無く、了承されました。
・審議後、洋上風力発電等で活発になっている唐津沖の現状、ふるさと寄附金による支援事業実績、国の再エネ海域利用法に基づく今後の手続き、唐津市の計画などの報告がありました。
・委員からは、
・法案が整備され、洋上風力は、全国で盛り上がっている。
・どこの自治体も、国の促進区域指定を目指している。
・佐賀は、これまでの成果から事業者の関心も高い。
などの意見がありました。

 

最後は、唐津の地域振興のため、引き続き、MATSRAの事業目的の達成を目指すとともに、目の前の国の促進区域の指定に向け、積極的に動くべきと総意し、閉会しました。