MArine Test Site for Renewable-energy Asia
特定非営利活動法人MATSRA(まつら)

文字の大きさ  普通

 

MATSRAはどんな活動をしているの?
視察ってどんな風に行われてるの?

このページではそんな疑問に
お答えするためMATSRAの日々の
活動内容を私達が報告します!

2019年07月30日 国の促進区域に有望な区域等が発表されました。

経済産業省と国土交通省から国の促進区域の準備区域として、青森県、秋田県、新潟県、千葉県、長崎県の5県11区域が発表されました。そのうち有望な区域が秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖・由利本荘市沖、千葉県銚子市沖、長崎県五島市沖の4区域となっています。

私たちと同じように、国の実証フィールドに選定された新潟県、長崎県も促進区域の取組でもトップランナーの仲間です。

残念ながら、佐賀県はトップグループには入れませんでしたが、MATSRAにも実証フィールドを契機に数多くの事業者が相談に来られるなど佐賀県の唐津沖は、海洋エネルギーの普及の場として魅力的な地域です。

私たちもトップグループに追いつけるよう他県の取組も参考にしながら、佐賀県と連携し、日本の次世代のエネルギー源として洋上風力発電の普及そして海洋エネルギーの技術確立を目指します。

 

出典:経済産業省

                   出典:経済産業省

2019年07月29日 事業者訪問

MATSRAへの訪問がありました。
世界中で風力発電や太陽光発電などのクリーンエネルギー事業を展開している会社で、風況賦存量が豊富な自然条件から、唐津沖で事業を検討したいとのことです。
地元の協力が必要不可欠となることから、理事長へ挨拶に来られました。
海を利用する方々へWINWINとなるよう調整していきます。

エナジー王子

2019年07月11日 海洋エネルギー事業を計画している事業者のサポートを行いました。

唐津沖での海洋エネルギー事業計画のため、事業者と地権者とともに唐津市農業委員会を訪問しました。陸地に風況観測ポールを設置する計画を説明し、農地をスムーズに利用する場合の手続きについて助言をいただきました。

助言を基に手続きを進めていく予定です。