MArine Test Site for Renewable-energy Asia
特定非営利活動法人MATSRA(まつら)

文字の大きさ  普通

 

MATSRAはどんな活動をしているの?
視察ってどんな風に行われてるの?

このページではそんな疑問に
お答えするためMATSRAの日々の
活動内容を私達が報告します!

2019年08月23日 唐津市等沖洋上風力発電事業に係る地域経済活性化可能性調査説明会に参加。

開会にあたり、佐賀県新エネルギー産業課から、調査の概要、洋上風力発電導入の意義、洋上風力発電に係る佐賀県の取組方針、再エネ海域利用法の概要及びプロセス、国の準備区域・有望区域の公表、平成29年ゾーニング調査結果が報告されました。

洋上風力発電による新たな産業や雇用の創出、既存の地元産業への波及効果が期待されるため、今後、事業を誘致するため国の促進区域の指定を目指していく考えであるとの話がありました。

続いて、アカシア・リニューアブルス様から、海外での洋上風力発電の実績、唐津沖の検討状況、ライフサイクル全体を通じた業務分野、洋上風力発電設備の構成要素、県内に発注可能性のある部材やサービス、今後の進め方についての説明があり、工事事例の映像も紹介されました。

意見交換では、「長崎県との連携の考えはあるか?」と質問があり、連携の可能性もある旨回答がありました。

私たちも連携すべきと考えており、お互いに視察等を行っているところです。

国内で洋上風力発電が事業化している例は、福島沖や長崎県五島沖しかなく、中でも五島沖は、台風航路や東シナ海に面する海象条件など、佐賀県と類似した環境であり、そのような環境の中、順調に稼働しており、漁業調整や運用技術・メンテナンスなど学ぶべき点は数多くあると思います。

今日の説明会には、私たち以外にも地元企業30名ほどが参加していました。

 

唐津市等沖洋上風力発電事業に係る地域経済活性化可能性調査説明会に参加。

 

2019年08月07日 佐賀県との懇談

理事長、副理事長自ら、佐賀県を訪問し、幹部の方々と海洋エネルギーの取組状況など意見交換しました。
理事長からは、「先般、国が、準備区域や有望区域の地域を発表した。佐賀は動きが見えない。漁業者にプラスとなるよう新たな産業のためにも早く前に進めて欲しい。」と伝えました。県からは、国の促進区域の指定に向け、地元調整が重要で、それに向けた調査等を行っているとの話でした。
FIT制度の動向もあり、再生可能エネルギーを取り巻く情勢は、これまで通りに展開するか不透明です。実証フィールドの選定から5年、海洋産業の実現に向け、地元のためにもスピードアップしてほしいです。意見交換は、1時間ほどで有意義な懇談となりました。

佐賀県との懇談

 

2019年08月06日 再生可能エネルギー買い取り縮小へ

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に関し、国がFITの対象を縮小する方向で中間整理案をまとめたとの記事が新聞に掲載されました。大規模太陽光発電や風力発電などは対象外になると予想されているようです。
FIT縮小に変わる新たな支援策も今後検討されそうですが、3.11以降、加速度的に進んできた再生可能エネルギーの普及が失速することがないよう、エネルギーは、私たちのライフラインですから、国が責任を持ってエネルギーミックスを実現してほしいです。

出典:佐賀新聞

出典:佐賀新聞

2019年08月02日 佐賀県が提案した調査業務の受託事業者がMATSRAを訪問されました。

佐賀県が公募した「唐津市等沖洋上風力発電事業に係る地域経済活性化可能性調査」を受託する「アカシアリニューアブルス」様が理事長を訪問し、今後の進め方について報告されました。この調査は、今後の唐津市等沖洋上風力発電事業の展開で地元の企業が参入できるかの事前調査です。地元の企業を対象とした訪問調査の説明会の後、ヒアリングが行われるとのことです。事業化された場合、地元企業の特色を活かして様々な関連産業の創出や地域の活性化の機会に繋がる事が期待されます。

エナジー王子