MArine Test Site for Renewable-energy Asia
特定非営利活動法人MATSRA(まつら)

文字の大きさ  普通

 

MATSRAはどんな活動をしているの?
視察ってどんな風に行われてるの?

このページではそんな疑問に
お答えするためMATSRAの日々の
活動内容を私達が報告します!

2020年01月25日 洋上風力発電に関する住民説明会

日 時:令和2年1月25日(土)13時30分から16時
会 場:玄海町町民会館2階イベントホール
出席者:70名程度

 

佐賀県が主催する洋上風力発電に関する住民説明会に参加しました。玄海町では前回12月1日に続き、2回目です。天候にも恵まれ、参加者は前回より多く、70名程度でした。
説明会は、新エネルギー産業課から促進区域誘致の検討、発電事業による経済効果、企業誘致に伴う懸念について等、前回の説明会での質問や意見に考慮した説明がありました。
その後、マツラ木下副理事長から洋上風力発電導入の意義、佐賀大学海洋エネルギー研究センター石田先生から洋上風力発電の構造や必要性、地域活性化の専門家から地元観光の可能性について説明がありました。
質疑・意見交換では、8名の方々から、
・漁業への影響について
・浜野浦の棚田への景観の影響について
・地元同意について
・促進区域候補海域で洋上風力発電の事業計画が新聞報道されたことについて
・佐賀県と玄海町の協議の有無について
・事業化された場合の雇用創出の可能性について
質問や要望があり、事務局及び講師が回答していました。
参加した感想として、洋上風力発電が目の前に事例がなく、住民に実感が湧かない中、講師陣は事例を見て実績に基づき説明しており、住民と講師陣の温度差が意見の根幹になってることを感じました。また、昨今の洋上風力発電に関する他の事業者の新聞記事がこの説明会とどう違うのか住民の惑わしを増長させている印象を抱きました。
次回開催は未定ですが、今後も理解促進のために説明会を行うとのことでした。
議事は、以下のとおりです。
1 開会
2 説明
(1)テーマ:洋上風力発電事業誘致検討の目的及び法定協議会について
(2)テーマ:洋上風力発電導入の意義
(3)テーマ:洋上風力発電の構造・特徴
(4)テーマ:洋上風力発電の観光資源としての可能性
3 休憩(10分)
4 質疑応答・意見交換
5 閉会・アンケート