MArine Test Site for Renewable-energy Asia
特定非営利活動法人MATSRA(まつら)

文字の大きさ  普通

 

MATSRAはどんな活動をしているの?
視察ってどんな風に行われてるの?

このページではそんな疑問に
お答えするためMATSRAの日々の
活動内容を私達が報告します!

2019年02月20日 平成30年度 第2回 唐津発 新たな地域活性化を実現する地域エネルギー構想セミナーに参加しました。

【唐津発 新たな地域活性化を実現する地域エネルギー構想セミナー】

 日 時:平成31年2月20日(水)13時30分から17時

 会 場:DHCシーサイドホテル 虹の間

 参加者:80名程

 

“唐津発 新たな地域活性化を実現する地域エネルギー構想セミナー”に参加しました。

開会挨拶では、唐津市峰市長から唐津市の低炭素な地域づくりへの取組み、エネルギーの地産地消を実現させるため、唐津市では、地域エネルギー会社の設立を検討していると話がありました。

パネルディスカッションでは、再生可能エネルギーのさらなる普及や地域エネルギー会社についての意見交換があり、発電コストの削減と地域共生による好循環システムが必要、災害時の防災拠点としての活用など様々な意見が出ました。

本日、開催されたセミナーの内容は、下記のとおりでした。

多くの方々が参加し、盛況裡に終了しました。

 

 式 次 第

1 開会

2 講演

①「地域エネルギービジネスの現状と方向性」

  早稲田大学理工学術院 環境・エネルギー研究科 小野田弘士教授

②「地域活性化・脱炭素につながるエネルギーの地産地消」

  環境省 大臣官房 環境計画課長 川又孝太郎氏

③「再生可能エネルギーの国の政策と動向について」

  九州経済産業局 資源エネルギー環境部 電源開発調整官 小野基海氏

④「地域電力事業の現状と今後について」

  株式会社北九州パワー 代表取締役 千歳昭博氏

⑤「唐津市の再生可能エネルギーの取組みについて」

  唐津市 政策部 市政戦略課

⑥「地域エネルギーに係るパネルディスカッション」

  ファシリテーター:小野田弘士教授

  パネラー:環境省、九州経済産業局、株式会社北九州パワー、

    株式会社NTTデータ経営研究所、日立グループ、唐津市

3 閉会