文字の大きさ  普通

 

自然とロマンに溢れた唐津のまち

「唐の津」と書いて唐津。

古代「唐」とは朝鮮や中国の呼び名であり、つまり唐へ渡る津(港)というのが地名の由来です。
中国の書「魏志倭人伝」の中でも邪馬台国へ行く国の一つとして、「まつら国」という名で登場します。

現在の中国大陸への最短の海上路線をかかえる港として、古くから交流の門戸になっていました。
MATSRAの名は、この「まつら国」の意味も込められています。

雄大な玄界灘を臨み、魅力あふれる自然に囲まれた唐津。
優雅で荘厳な神韻と、万葉の風、桃山文化の薫りを感じる、歴史の浪漫に彩られた地域です。

唐津の観光

唐津城
唐津の初代藩主、寺沢志摩守広高により、慶長13年(1608年)に築城。
天守閣最上階からの眺めは、虹の松原や唐津湾、市街が一気に見渡せる。
例年4月下旬から5月上旬に満開を迎える大藤は樹齢100年を数え、見応え抜群。
また、桜の名所としても有名。

【天守閣入場料】大人400円・小人200円
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】12/29~12/31
【お問い合わせTEL】0955-72-5697
屋形石の七ツ釜
唐津市湊町にある、国の天然記念物。(1925年に指定)
7つの洞窟(海水によって削られた海蝕洞)がある、ということが
命名の由来だが、実際には七つ以上の海蝕洞がある。

呼子から遊覧船が出ており、洞窟によっては入り口から数m程度、船で
中に入れるものもある。

人類史上初めて「素潜りで水深100メートルを超えた」記録を持つ
フリーダイバー、「ジャック・マイヨール」のゆかりの地としても有名。
10歳の時に、家族と訪れたここで漁師から素潜りを習い、初めて
イルカと出会った事が彼の人生の大きな転機になった。
呼子の朝市
唐津の中心市街地から車で約20分。
玄界灘の豊かな自然の恵みを、堪能できる呼子。
その呼子で毎日朝7時から12時まで開催されている
呼子朝市は、日本三大朝市のひとつ。

旬の新鮮な魚介類や野菜が並び、売り子のおばちゃん達の
元気な声が聞こえてきます。おすすめなのはやっぱりイカ。
中でも、天日干しにこだわった一夜干しは絶品。

噛めば噛むほど出てくる旨味とモチモチした食感が癖になります。
是非一度味わいたい海の幸です。
※この他にも随時更新予定。お楽しみに。